« 畳の目ほど陽が伸びてきた | トップページ | 石田梅岩と『都鄙(とひ)問答』『倹約斉家論』 »

2010年1月 7日 (木)

七草がゆですね

今日で「松の内」も終わりです。
事務所は2箇所で年末調整指導会を行いました。
結構忙しい日々が年明けから続いています。

「松の内」が終わる。そうすると七草粥ですね。私は1月7日の朝食は大嫌いでした。幼少の頃は。
「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ」お粥そのものが嫌いだった上に、このような葉っぱらしき草しか入っていないお粥に悪戦苦闘したことを思い出します。

平安時代からこの習慣はあったようですね。
清少納言の「枕草子」には、”七日の若菜、六日、人の持て来……”という一文があります。

正月料理(お酒?)のご馳走で弱った胃を休めるためにと覚えています。
昔は冬場に野菜が今ほど出回っていませんでした。
野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあったようです。

また、歳神様に供えてから家族で食べると万病を払うともされていました。

新年の初めに一年の無病息災を願い、また新年を無事に迎えられたことへの感謝を込めていただく素晴らしい習慣だと思います。

無くして欲しくない習慣ですね。

と言いつつ、珈琲だけで済ます私の朝には余り関係がありません。
しかし、いただいたつもりで感謝はします。

未だにお粥そのものが苦手なのが本音です。

« 畳の目ほど陽が伸びてきた | トップページ | 石田梅岩と『都鄙(とひ)問答』『倹約斉家論』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47229754

この記事へのトラックバック一覧です: 七草がゆですね:

« 畳の目ほど陽が伸びてきた | トップページ | 石田梅岩と『都鄙(とひ)問答』『倹約斉家論』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ