« 湘南ベルマーレ あと一勝だ! | トップページ | 雑務が組織を動かす? »

2009年12月 1日 (火)

カレンダーが残り一枚です

う~ん。月日が経つのが早い。
世の中、実に月日の経過が早い、例えの諺等が多いこと。
昔から、偉人たちも、生を受けて寿命を全うするまで、その短い人生の儚(はかな)さを嘆きながら人生を送ったんでしょうね?
皆さんはどう感じるんでしょうか?

○光陰矢の如し
月日が経つのは、矢が飛ぶように早いということ ですよね。

私も若かりしころアーチェリーに熱中した時期がありました。
この例えは矢だけが飛んで行ってしまい何か昔を振り返る余韻、風情が感じられません。
同じ早いでも私の感覚とは違います。

○では無常迅速か?
現世の物事の移り変わりが極めて速く、むなしいものであるさま。転じて、人の一生は短く、死期が思い掛けず早く訪れることの例えだそうだ。

これもちょっと違うな?
日々の生活に満ち足りてるとは言いませんが、少なくとも空しさや儚さは感じていません。
人は生まれたからにはいつしか死を迎える。永久不変ではないことも自覚して日々の生活を充実させよう、且つ楽しもうと生活をしているのでこの感覚とも違いますね。

○「光陰逝水(せいすい)の如し」「光陰流水の如し」か?
月日の過ぎ去るさまは、水の流れの速いのと同じということ。

綺麗な例えですよね。
しかし、水は、早い流れの瀬があるばかりではなく、水は淀んでしまうと腐ってしまう可能性もあります。性格的に楽観的な私は水が淀んでしまう可能性の恐れが大です。
う~ん。だから、これも自分の感覚とは違う。

○歳月人を待たず(さいげつひとをまたず)
年月は人の都合などにはお構いなしにどんどん過ぎ去ってゆくものだ。
若い時にはやるべきことを努力してやれの意で使いますが、本来は、人生はすぐに過ぎ去ってしまうものだから、酒の飲める若い内に大いに飲んで楽しむのが良いの意だそうです。

これは納得できるぞ!酒の呑める部分は。
自分の歳が若いかどうかは知らない。
少なくとも、自分自身はまだ、若いと思っている。
だから、今日も呑ませていただきました。これは、一部納得できる。

○少年老い易く学成り難し(しょうねんおいやすくがくなりがたし)
月日の経つのは余りに早くて人はすぐ老人になってしまうが、学問は容易には修め難い。
だから、若い時に寸刻を惜しんで勉学に励むようにという教えですよね。
朱子の詩「偶成」にある句で、「一寸の光陰軽んずべからず」と後に続きますが・・・・・・。

これは若かりし頃を振り返ると、悔いが残る一面もあります。
今、私はその年まで戻ることが出来ないので、このBlogを私より若い方が見ていたら、これはその方に、そのままプレゼントすることにしましょう。

○月日に関守なし(つきひにせきもりなし)
太陽や月には、その運行を止める関所番がいない。年月の経つのがきわめて早いことを言うんだそうです。

私にはこの例えが一番合っているような気がします。忙しい忙しいと言っても、朝気持ちよく目覚めて太陽に「おはようさん!」って声を掛けることの出来る幸せ。それがあるから今日、明日の一日を頑張ろうと出来るんだと思います。
だから月日が経つのが早く感じる。これは納得!です。

今日からデュアルシステム研修生を24日迄受け入れました。
今回お見えになった研修生は、研修後の目標を明確に持っています。
研修期間中に、今後に少しでも役に立つことを教えて上げることが出来るか?
私も一緒に研修をしていきたいと思います。

« 湘南ベルマーレ あと一勝だ! | トップページ | 雑務が組織を動かす? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/46910261

この記事へのトラックバック一覧です: カレンダーが残り一枚です:

« 湘南ベルマーレ あと一勝だ! | トップページ | 雑務が組織を動かす? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ