« 大磯の町民はくじ運が良い人が多い? | トップページ | 事務局長会議&研修会 »

2009年12月20日 (日)

七転八倒

「七転八倒
  つまづいたり
  ころんだりするほうが
  自然なんだな 人間だもの」 相田みつを

昔から「失敗は成功のもと」「成功よりも、失敗からの方が学ぶことが多い」
私も若い時から、この様な考えを基本に色々なことを学ばせてもらいました。
許される内に出来るだけ多くの失敗をする方が良いと言う考え方です。

人間、努力をしている限り「これで良い」「これで完全」などはあり得ないことです。
常に未完成なんですよね。だからこれからも具体的に行動をしていけば誰でも「転ぶ」ことも「倒れる」こともある訳です。それも一回や二回だけではなく。
私なんぞ、年甲斐もなく7、8回では済まないかも知れません。

しかし、最近この様な考え方が、否定されるような風潮にあるような気がします。
「完璧」「完全」ばかりを求めています。
それが内に向けてではなく、外に向けてくるから余計気になるんです。
つまり他人には「完璧」「完全」の厳しさを求めて、自分自身には「不完全」「優しさ」を求める結果が「自己中心的」な考え方になっているのではと?

だいたい人生に間違いのない、後悔のない「道」ってあるんでしょうかね?

« 大磯の町民はくじ運が良い人が多い? | トップページ | 事務局長会議&研修会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47069892

この記事へのトラックバック一覧です: 七転八倒:

« 大磯の町民はくじ運が良い人が多い? | トップページ | 事務局長会議&研修会 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ