« 七転八倒 | トップページ | 「相模湾における海上交通による観光資源開発事業」大磯~真鶴トライアル »

2009年12月21日 (月)

事務局長会議&研修会

標題の会議等で一日横浜に行ってきました。
午前中の会議は、神奈川県が中長期財政見通しで平成22年度は1,250億円の財源不足に陥るとの見通しを受ければ私たちの団体の補助金が減額されるのは目に見えています。想定内の説明だと思います。

国も県も財政事情が悪化しています。
それにしても国も事業仕分け等を実施し、ニュースになった割には大きな削減額に結びつきませんでした。
ここで、2~3年の期間を費やして本当に必要とする費用の真の金額をあぶり出す必要があるのではと真剣に考えます。
一つの課が100円、200円の消耗品に至るまでの数字を積み重ねて本当に何億円という予算を積み重ねられているのか? 私には疑問です。

事業計画に上げた事業を効果的に実施して、その結果残った予算は戻す。逆にインセンティブを与える。次年度以降はその生の数字をベースにして予算を組み直す。
更に横の課と連携を深めて事業を効率的に進めて似たり寄ったりの予算を統合していく。
荒っぽいようですがこうした思考が今、一番、大切な時期だと思います。

午後の研修のテーマは
~リーダーシップと人材育成の基礎を学ぶ~ です。
この研修で新しいリーダーシップのタイプの一つに「サーバント・リーダーシップ」があることを知りました。
『リーダーである人は、「まず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」という実践哲学をサーバント・リーダーシップといいます。サーバント・リーダーは、相手に対し奉仕する人です。相手への奉仕を通じて、相手を導きたいという気持ちになり、その後リーダーとして相手を導く役割を受け入れるひとなのです。』この概念って自分の考え方に非常に合っているような気がします。

それが「新しいリーダーシップのタイプ」の一つであることに、ここの部分は思わず「にゃっ」とした研修会でした。

« 七転八倒 | トップページ | 「相模湾における海上交通による観光資源開発事業」大磯~真鶴トライアル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/47081797

この記事へのトラックバック一覧です: 事務局長会議&研修会:

« 七転八倒 | トップページ | 「相模湾における海上交通による観光資源開発事業」大磯~真鶴トライアル »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ