« 美濃岩村藩 佐藤一斎 | トップページ | 「最後の宮大工」西岡常一氏の言葉 »

2009年11月 6日 (金)

誰もが日本一、世界一になれる?

今年のMLBは日本人選手の活躍でシーズンを終えました。
レギュラーシーズンではイチロー選手がMLB前人未踏の9年連続シーズン200安打を達成しました。ポストシーズン、ワールドシリーズでの第6戦でヤンキーズの松井秀喜外野手が先制2ランを含む6打点で、フィリーズを7―3で下し、4勝2敗で9年ぶり27度目のワールドチャンピオンに輝き、そして同シリーズで日本選手初の最優秀選手(MVP)に選ばれました。

野球などのスポーツや芸術等色々なジャンルでの世界で日本一や、まして世界の頂点に立つことなど、私に言わせれば運命のいたずらにより神様が特別な才能を与えてくれない限り到底不可能なことだと思います。

才能だけではなく言葉に言い尽くせない、血の滲むような努力があればこそ達成できることは百も承知しています。しかし、頂点を極めることを目指したいじゃないですか?

我々のような凡人は、日本一や世界一になれる機会がないかというと、私は誰にでも日本一、世界一になれる機会があると思っています。

自分の身の回りを見渡して下さい。

一つの例が家庭にもあります。自分の妻や家族が自分にとって日本一だと思う自負があるとすれば、そのように思う気持ちを誰が否定できますか?

自分が自分の家族、家庭を日本一、世界一だと思っていたらそれはもう立派に日本一、世界一に値するんです。
家庭のような小さな集団であっても、日頃からの努力、心構えがなければ一朝一夕で築き上げることなど出来ません。

自分自身の自己研鑽により日本一、世界一の夢にも近づけます。そう信じています。

私は胸を張って我が妻や家族を日本一、世界一だと・・・・・・ う~ん 言いたい。
ちょっと、今は言えないな。日本二、世界二 か?

しかし、いずれは言ってみたいですね。
この様な日本一、世界一であれば私にも手が届くような気がします。

« 美濃岩村藩 佐藤一斎 | トップページ | 「最後の宮大工」西岡常一氏の言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/46691149

この記事へのトラックバック一覧です: 誰もが日本一、世界一になれる?:

« 美濃岩村藩 佐藤一斎 | トップページ | 「最後の宮大工」西岡常一氏の言葉 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

娘の子育て奮戦記です

NPOな人 椎野修平ブログ