« ひーちゃん、のんちゃんのセカンドステージです | トップページ | 第27回 神奈川県優良産業人表彰式 »

2009年11月15日 (日)

Blogの効用?

疲れも取れたので一安心していたら、土曜日に腰を伸ばしたら「ぎっく」と。それも何と?寝ている時に。一番弱いところに疲れが溜まっていることは承知をしているので注意を払っていたんですがね。ゆっくり休んでいてこの状況です。情けない限りです。

だから、今日一日は大事を取ってのんびり過ごしました。

Blogをアップしてからの効用?
書いていることを検証するために昔読んだ本を改めて読み返しています。

人の、それも著名な方が発表した原文や理論を間違えて伝えるわけにはいきません。その原文や理論に対する私の考え方、私の理解は主観ですので誰が何と言おうと私の考え方、感じ方ですから問題はありません。

今日も久しぶりにダグラス・マグレガーやアブラハム・マズローの二人が著した経営手法の代名詞として言われていたマグレガーの「XY理論」マズローの「5段欲求段階説」の本を読み返しました。社会環境が大きく変化したとは言うものの。現在でも十分に通用する考え方だと思います。

マグレガーの「X理論」「Y理論」
「X理論」は「人間は本来なまけたがる生き物で、責任をとりたがらず、放っておくと仕事をしなくなる」という考え方。この場合、命令や強制で管理し、目標が達成できなければ懲罰といった、「アメとムチ」による経営手法となっています。

「Y理論」は人間は本来進んで働きたがる生き物で、自己実現のために自ら行動し、進んで問題解決をする」という考え方。この場合、労働者の自主性を尊重する経営手法となり、労働者が高次元欲求を持っている場合有効になるとされています。

この理論の時代背景は、重化学工業中心の産業時代が根底にあります。
現在のように、一産業を一国だけで解決できることは不可能であり、日本が良しとしても世界に受け入れなければ解決できないグローバル化があります。

私の会、商工会は、仕事をすればするほど資金が減少していきます。何しろ商工会は利益を追求してはならぬと法律で定められているので利益を追求するわけにはいきません。

こうした組織で職員のモチベーションをあげるには「X理論」「Y理論」だけでは解決できません。その考え方は理解します。報酬や罰則の大小によって規定されるのではなく、快適な職場環境や良好な職場の人間関係に大きく左右されるんだと思います。人間は、賃金を得るためにのみによって働くのではありません。自己アイデンティティ確立の為の仕事や社会貢献の為の労働に『自分が働く意義』に対する納得が必要となってくるはずです。それが結果的に組織の存在価値につながっていきます。

だから「自分のために働く」という究極的な自己中心的な考え方も必要だと思っています。

« ひーちゃん、のんちゃんのセカンドステージです | トップページ | 第27回 神奈川県優良産業人表彰式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/46771454

この記事へのトラックバック一覧です: Blogの効用?:

« ひーちゃん、のんちゃんのセカンドステージです | トップページ | 第27回 神奈川県優良産業人表彰式 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ