« 私が感じる晩秋から初冬のサイン? | トップページ | 10月26日付夕刊 よみうり寸評から »

2009年10月26日 (月)

また、また台風の影響です

台風20号が接近中です。
日曜日にスタッフが大磯駅前に立ててくれた、幟旗を緊急避難(一時撤去)しました。
相模守(実行委員長)の鶴の一声で数人が駅に駆けつけてくれて雨の中での作業。
お疲れ様でした。このスタッフの行動力には、ただただ頭が下がります。

会館にご覧のような幟旗の干し物が出来上がりました。

Photo

台風一過の秋晴れ(多分そうなると思いますが)後に一作業です。

今日は、私たちが宿場まつりの会場として使用させていただいている通称旧東海道松並木の整備活用検討委員会がありました。
8月24日の所でも触れましたが、将来の目指す方向性がない中で目先の事業の検討会に若干の違和感を覚えます。

本日も旧道の土手を義木で整備しよう。その義木は今までのより高い方が良いとか。
植栽した松を間引きして移植をしなければならないこと。
並木敷きに花が咲いていたら良い。彼岸花が群生しているからもっと街道一帯に。
いや、コスモスの方が良いとか。

現状より少しでも綺麗になることは良いことだと思います。
それは、清掃や草刈り等のソフト事業を中心に応急的な事業にするべきだと思います。

恒久的な事業は将来のイメージを住民とともに創り上げて、その中で議論をするべきなのではと思いますが?
そのような議論であれば気持ち良く発展的な意見交換が出来ます。

旧東海道を財産と感じるのであれば、将来的に電線を地中化させる。
石畳にしたらどのようなイメージになるか。
その中で一里塚をどのように復元するか。時代に忠実にする?いや、忠実に復元をしながらその一里塚に未来をどのように託すか?
色々な考え方が出てきます。

石畳にしたとすれば、ご年配の弱者等が安全に歩ける道をどう確保するか?
ここを訪れる人の心が安まるプロムナードにするためには?

そのようなイメージが欲しいですよね。

パソコンでちょっと遊んでみました。
石畳を敷いただけでイメージがこんなに変わります。

現在の松並木の状況です。

Photo_2

パソコンで石畳のイメージを作ってみました。

Photo_3

今日の Blog を書き終えて気づきました。
台風騒ぎですっかり忘れていましたが、今日は、伊藤博文侯が明治42年10月26日に満州のハルピンで暗殺され、今年で100周忌。その日でした。

« 私が感じる晩秋から初冬のサイン? | トップページ | 10月26日付夕刊 よみうり寸評から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/46593177

この記事へのトラックバック一覧です: また、また台風の影響です:

« 私が感じる晩秋から初冬のサイン? | トップページ | 10月26日付夕刊 よみうり寸評から »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ