« 高速道路 1,000円 初体験 | トップページ | 我が家の政権交代? 近し! »

2009年9月22日 (火)

シルバーウイークの効用

昨晩は三重県、亀山市、ビジネスホテルのリビングホテル亀山に宿泊。今まで何回もビジネスホテルを利用していましたが朝食時にレストランに行って驚きました。
若いカップルから子ども連れのヤングファミリー、私たち夫婦よりご年配の方まで、どこかの温泉宿に宿泊したようです。

私たちの普段の行動パターンは休日を避けて、ウイークデーを利用しての「旅」の方が多いので、今までもこのような光景は日常的であって私が気づいていなかった一面なのかも知れません。

日本は観光というと団体行動を主体にしたツアー等も多く、また、宿泊施設も団体客を対象にする方が圧倒的に多いです。個人単位で「旅」する時にはツアー等から比較すると宿泊代など割高感は拭えません。本当に高くつきます。実感! しかし、今回、シルバーウイークを利用して宿泊も朝食付きの二人で¥7,000。ビジネスホテルといえども綺麗な大浴場にサウナまで備えていました。夕食を外で済ませ、交通費が¥1,000。となると「旅」の行動スタイルは大きく変わっていくだろうという予感を感じさせます。

関宿の寛永年間から350年以上続く老舗「深川屋 陸奥大豫」の服部さんを訪ねました。
深川屋さんは、銘菓、関の戸(せきのと)を、350年以上、14代にわたり、変わらない製法と味で作られている和菓子です。赤小豆から作られたこし餡を柔らかいお餅で包み、和三盆がまぶしてあります。関宿に行った際には是非寄って下さい。

Photo




Photo_2

昼食は同じく関宿にある、「うなぎの初音」。関方面に来ると必ず寄る店なんですが、売り切れ等で結構振られるお店なんです。午前11時が開店なので、今日は30分前に行きました。それでも13番目。我々の前に40数人。開店する頃には広い駐車場が既に一杯。開店時に入れなかった方には整理券を。11時半頃お見えになった方はもう、昼間の分は売り切れました。

「御ひつまぶし」と「うな重」を注文。久しぶりで美味しかったです。
関東風の蒸した鰻と違い、ウバメガシの黒炭を使い秘伝のタレに鰻をくぐらせ、丹念に焼き上げた鰻を、まずはそのまま茶碗によそって一杯。二杯目はわさびとねぎをかけて、三杯目は出汁とわさびとねぎをかけて混ぜて食べる「ひつまぶし」の食べ方。関東にはない食べ方です。これがクセになってしまいました。地元の人はもちろん、大阪、京都ナンバーの車、ようするに他県からの来店者がこれだけ多いお店も珍しいです。
Photo_3

腹ごなしが十分に出来てから鈴鹿峠を越えて土山宿の「あいの土山宿場まつり」に行ってきました。ここ、甲賀市土山町は「歴史の道東海道宿駅会議」の拠点がある場所です。私の東海道への関わりを持った原点の地です。
理事長等に歓待され、また、土山宿に行けば必ず寄る、築200年近い旧家を改造した「民芸・茶房うかい屋」を営む鵜飼さんと会い、交友を深めてきました。

Photo_4 帰りは大渋滞が予想されたので、音羽蒲郡まで国道1号線の東海道を走って帰ってきました。高速道路¥1,000乗り放題を有意義に活用させていただきました。

« 高速道路 1,000円 初体験 | トップページ | 我が家の政権交代? 近し! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/46288004

この記事へのトラックバック一覧です: シルバーウイークの効用:

« 高速道路 1,000円 初体験 | トップページ | 我が家の政権交代? 近し! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ