« 草取り・創業フォーラム・外郎売の口上大会 | トップページ | お嫁さんのお弁当 »

2009年9月 6日 (日)

一周忌法要

今年は、本当に残暑の厳しさが余りありません。
今日も日差しは強いのですが、からりと晴れ上がり清々しい天気でした。

叔母の一周忌法要に行ってきました。

ご住職のお念仏をいただいている時に叔母のことを回想したり、時には今週のスケジュールを思い出し仕事のことを考えたりと結構、雑念と戦うものです。

住職の繰り返して唱えるお念仏の回数を、手にしている数珠の玉を回しながら数えているとか?

そこで改めてお数珠って?
宗派によってお数珠、使い方が違うことを知りました。この歳になって始めて知りました。

平安時代初期の「最澄の天台宗」、「空海の真言宗」、そして鎌倉時代に「法然の浄土宗」、「親鸞の浄土真宗」、「栄西の臨済宗」、「道元の曹洞宗」、「日蓮の日蓮宗」等の宗派が成立し、念珠もそれぞれの宗派の教義の違いによってそれぞれに独特の形式を生み出してきました。だから宗派によって若干の相違がある。当然ですよね。

しかし、どの宗派も、数珠の数についてはおおよそ108珠を基本としているようです。
さらに1080、54、42、27、21、14のものがあり、またこれらの数字は、百八煩悩或いは金剛界百八尊、五十四位、四十二位、十八学人と九無学、二十七聖賢、二十一位、観音十四無畏などを象徴するものとして意味づけられているんだそうです。

まあー、私は住職でもありませんし、本当のお数珠の真意は分かりません。でも、お数珠を片手にしてご葬儀や回忌等に列席させていただいているんですから、ご葬儀の時にはお亡くなりになった方の分まで一生懸命に生きていくことをお約束し、回忌の時には、仏様に元気に家族仲良く暮らしている報告が出来ることが最善だと思います。

お数珠の玉の数等はどうであれ、必ず輪になっていることだけは確かです。棒状のお数珠などはあり得ません。玉の中を通している糸が人と人とを結びつけているんだと思います。

そしてそのつながりで心を輪のように丸くして、穏やかに生活をさせていただいていると仏様に、ご報告することが最高の供養だと思います。今日もお念仏の間中、お数珠の玉を一つずつ回していました。 合掌。

« 草取り・創業フォーラム・外郎売の口上大会 | トップページ | お嫁さんのお弁当 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/46139224

この記事へのトラックバック一覧です: 一周忌法要:

« 草取り・創業フォーラム・外郎売の口上大会 | トップページ | お嫁さんのお弁当 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ