« 旧東海道松並木・大磯宿 | トップページ | 観光とは? »

2009年8月25日 (火)

8人の総理大臣が住んだ町

毎月、定期的に県と地域の情報交換を行っています。
実は、この情報交換のテーマ、話題探しが大変なんです。
私の組織の日常業務はルーチングワークが主ですから。
毎月毎月、目新しい事業はありません。そりゃ、日々受ける相談は専門的なことから身近な問題まで実に多様化していますが、この内容を話すわけにもいかないし。

そこで今日の話題は、伊藤博文没後100年にしました。

明治42年10月26日に満州のハルピンで暗殺され、今年で没後100年を迎えます。

大磯町には過去、8人の総理大臣が居を構えていました。
伊藤博文を始め山縣有朋、大隈重信、西園寺公望、寺内正毅、原敬、加藤高明、吉田茂【下の写真は首相官邸HPより転用】の8人です。

1 2 3 4 5 6

7 8 1896年(明治29年)大磯に「滄浪閣」(そうろうかく)を建てて住みました。

伊藤博文は貧農の子として生まれましたが、持ち前の向上心と出逢いを大切にし幕末の変動期から明治維新を駆け抜けていきました。
長州・萩での松下村塾、吉田松陰との出逢い。松下村塾での同窓、井上聞多(のちの馨)等と学び高杉晋作や桂小五郎や坂本龍馬、エゲレス外交官アーネスト・サトー等との出逢いを明治維新に生かしてきました。

現在、町と伊藤博文没100年の企画展を計画しています。
まだ、町民にリリースをしていないので詳細は後日の機会に案内します。「8人の総理大臣が住んだ町」このテーマだけでブログが一つ出来そうです。

« 旧東海道松並木・大磯宿 | トップページ | 観光とは? »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/46028587

この記事へのトラックバック一覧です: 8人の総理大臣が住んだ町:

« 旧東海道松並木・大磯宿 | トップページ | 観光とは? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ