« 第60回神奈川県総合体育大会 | トップページ | 環境によって育ち方が? 猫も(PartⅡ) »

2009年8月10日 (月)

環境によって育ち方が? 猫も(PartⅠ)

今日は夏休みです。
台風9号の影響か?朝から断続的に強い雨が降っています。
久しぶりに完全休養日です。

我が家の先代に愛猫・ミーコがいた。非常に優しい猫でした。
高校生だった息子が高校の部室で「にゃー、にゃー」と可愛い声で鳴いている猫を見て、目を合わせたら「私を連れてって」と言っているので思わずナップサックに入れて我が家に連れてきたんです。

ナップサックから飛び出る子猫に「にゃー、始めまして」という挨拶に女房は可愛さの余りコロリ。自然と我が家の一員に。

当時の我が家は女房の両親と息子、娘の6人家族。
それぞれが大人だったので、猫が一匹増えても大きな変化はなく、義父と義母の部屋に一日中二人のお相手をして育ちました。

翌年、ミーコと名付けた猫が太い声を出し鳴き始めた。
何のサイン? と思っていたら間もなくして義父が他界しました。
ミーコは義父が亡くなるのが分かっていたんだ・・・・・・?
なんて勝手に解釈していたら2ヶ月に一度くらいこの太い声で鳴く
(我が家ではこの時期をごろにゃんと呼んでいる)
どうも定期的に来る「さかり」の一連の行動らしいと言うのが後で分かりました。義父が亡くなった後は、一人残された義母のお相手を亡くなるまでしてくれました。

こんな環境で育った「ミーコ」は優しい思いやりのある猫に育ったんです。

時を経て息子に嫁さんが来た時に初めて迎えた新参者。
私の方が先輩だというような態度を取っていましたが、それも敵わないと気づくと、すぐに従順な姿勢に変じました。

    Photo_10

Photo_11

孫のひーこが生まれた後は添い寝もしてくれるような穏やかな猫で晩年は私より先に布団に入り込みご主人の私を待っていてくれるような優しい猫でした。
亡くなる前には最後の力を振り絞って私のベットにもぐ込んできたのが昨日のようです。
そして私が事務所に行っている間、静かに息を引き取ったと携帯が鳴りました。

そしてその後に来た2代目のタマは(続く)

 

« 第60回神奈川県総合体育大会 | トップページ | 環境によって育ち方が? 猫も(PartⅡ) »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544481/45887259

この記事へのトラックバック一覧です: 環境によって育ち方が? 猫も(PartⅠ):

« 第60回神奈川県総合体育大会 | トップページ | 環境によって育ち方が? 猫も(PartⅡ) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

facebookで私の交友を見てください

イソタビドットコム

私と東海道との係わりの源です

西湘を拠点にして色々なプロジェクトを立ち上げて奮闘しています。そして私も遊ばされています。

きれいな水と美しい緑を、再生し、育み、守るために活動しています

NPOな人 椎野修平ブログ